サービスコンテンツ service

法人化支援サービス

個人で営んでいた事業を、新たに設立した法人へ引き継ぐことを、一般に法人成り(法人化)とよびます。個人事業から会社へと、事業形態を変更することです。

平成18年の5月に会社法が改正され、最低資本金の規制が無くなりました。改正前は、株式会社で1千万円、有限会社で3百万円必要だった最低資本金の規制が無くなったのです。これにより、資本金1円でも株式会社を設立することが可能となり、法人成り(法人化)が資金的に容易になりました。

しかし、会社設立や個人事業開業に当たっては、事業計画・資金計画の策定、融資の確保、設立登記、各種申請書類の届出など、さまざまな手続きが必要となります。その一方、個人事業主と法人では、どちらの事業形態を選択するかによってそれぞれメリット・デメリットが異なり、法人化を選択するかは慎重に判断する必要があります。

当事務所では、過去に数々の企業様の立上げをお手伝いしてきた実績を活かし、適切なアドバイスをさせて頂きます。

その他のサービスも確認する