サービスコンテンツ service

任意の依頼に基づく監査

任意の依頼に基づく監査とは、法律で義務付けられているわけではなく、利害関係人や経営者自らの要請により、何らかの目的をもって任意に実施される監査のことをいいます。

任意監査を受けることで、銀行や取引先に対して信用力が向上する、会社の内部統制や子会社・関連会社の財務状況について監査人から適切な助言が受けられる、子会社が親会社へ透明性を開示するための手段となるといったメリットがあります。

また、将来株式上場を考えている会社にとっては、上場の前段階として自主的に監査を受けることで、透明性のある会計処理を整備することもできます。

さらに、内部統制の活用状況や業務の効率性等を把握できるので経営管理に役立てることもできる、財務・経理部門のスキルアップを図ることができるといったメリットもあります。

当事務所では、現役で金融商品取引法監査・会社法監査などの法定監査に従事している公認会計士が、クライアント様の規模に見合ったコストで、かつ、品質を維持した監査をご提供いたします。

その他のサービスも確認する