税務・会計トピックス

【製造業向け節税】収用を機に機械配置を合理化、機械移設費用は修繕費へ!

2018-12-14

  製造業の方々においては、工場用地の収用が行われた時に、このチャンスを活かし、収用地の工場に設置されていた機械を他の工場に移し、より集中生産できるような体制にされる会社...

続きを見る

【仮想通貨と税】仮想通貨の確定申告が簡単になります!

2018-11-24

  国税庁は11月21日、『仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)』を公表しました。   その中で、仮想通貨交換業者から来年1月末を目安に...

続きを見る

【カフェ・レストラン向け】確定申告のポイント【会計士が解説】

2018-11-01

  最近は、都城で飲食店を探していると、おしゃれなカフェやレストランが増えてきたと常々感動しています。   私としては、休日におしゃれなカフェで過ご...

続きを見る

【事業承継と税】新事業承継税制のリスク軽減策、相続時精算課税併用法について

2018-10-24

    事業承継税制の適用を受け、「贈与税」の納税猶予を受けていた株式について、納税猶予が取り消されることも十分起こりうることです。   ...

続きを見る

合同会社の社員が死亡された時、その持ち分の取り扱いについて【会計士が解説】

2018-10-17

株式会社に比べて設立・運営上のコストが安いことや、組織運営上の自由度・柔軟性が高いことというとメリットがあることから、堅調に会社数が増加傾向にあるのが「合同会社」です。 &nbsp...

続きを見る

【接骨院・整骨院向け】確定申告のポイント【会計士が解説】

2018-10-16

    接骨院・整骨院の先生方の多くは、個人事業主として開業されて、事業活動を行われています。   私ども会計士・税理士が税金の勉強...

続きを見る

【仮想通貨と税】 平成30年分から仮想通貨の確定申告が簡単になりそうです

2018-09-10

  昨年は仮想通貨の値段が急騰したことで利益を得た者が多くいたとされ、国税庁はその所得税の計算方法等の詳細な情報を公表するなど、その適正申告を促してきました。 ...

続きを見る

【M&A相談事例】非上場の中小企業の合併に使う株価について

2018-08-27

  会社が合併する際、合併比率を算定する必要があります。 吸収合併等で使う合併比率とは、消滅会社の旧株式に対して割り当てられる存続会社の新株式の割合のことです。 ...

続きを見る

【税務調査対策】会社が役員に対して社宅を貸した場合の処理について

2018-08-08

  会社が、役員に対して会社所有の不動産の一部を社宅として貸与するケースは、多々見受けられます。また、会社がアパート等を借りて、そこに役員が居住するケースもあります。その...

続きを見る

【税務調査対策】「多忙による失念」は意図的な過少申告として重加算税の対象となるか?

2018-07-30

  経営者の方々の多くは、日々の業務で多忙極まりないことが多々あります。 その中で、事務処理をうっかり誤ってしまし、税務確定申告の金額を誤ってしまったこともあるかと...

続きを見る

【会計士が解説】新社会福祉法人制度、あらためて総復習できるページを作成しました

2018-07-26

    平成29年4月1日に、新社会福祉法が施行され、はやくも1年ちょっと経過しました。 まだまだ、全ての法人の実務に完全に定着したとは言えない新社...

続きを見る

【税務調査対策】夏祭りや花火大会などへの協賛金支出した時の税務上の取扱いについて

2018-07-24

  7月から8月にかけては「都城六月灯おかげ祭り」や「都城盆地まつり」、「みやざき納涼花火大会」など、夏祭りの季節です。   各地で盆踊りや花火大会...

続きを見る

【医療機関向け節税情報】消費期限切れの医薬品等の在庫を処分して節税

2018-07-23

  医業を営む個人又は医療法人において、決算期末に利益を少なくするために、慌てて医薬品や医療材料を大量に購入するケースが見受けられます。 しかし、所得計算で売上原価...

続きを見る

【民泊と税】国税庁の民泊所得の簡単なFAQを、さらに簡単に解説

2018-07-17

住宅宿泊事業法(民泊新法)が6月15日に施行されました。 また、国税庁は6月13日、「住宅宿泊事業法に規定する住宅宿泊事業(いわゆる「民泊」)により生じる所得の課税関係等について(...

続きを見る

【事業承継と税】分かりにくい新事業承継税制についてポイント解説

2018-07-04

  30年4月1日から、事業承継税制の特例(特例措置)の適用に必要な特例承継計画の受付が全国の都道府県庁で始まりました。   新事業承継税制も、いま...

続きを見る

【税務調査対策】最近の不動産取得による消費税還付スキームの危険性について

2018-05-26

  消費税の還付を狙う手法として、昔からいわゆる「自販機スキーム」が有名です。ただし、過去一連の税制改正によってこのスキームは封じられたといわれています。 &nbs...

続きを見る

【事業承継と税】平成30年税制改正「事業承継税制の特例」の概要について

2018-05-16

  現行の事業承継税制は,平成21年度税制改正で創設された後,平成25年度税制改正,平成27年度税制改正及び平成29年度税制改正において,適用要件が緩和されてきた。しかし...

続きを見る

【税務調査対策】仮想通貨の評価損を、なんとか損金算入できる余地がないかについて

2018-05-12

昨年末からの仮想通貨の価格の乱高下を受け、3月決算法人のなかには期末時点で保有している仮想通貨の評価損を、なんとか損金算入できる余地がないか悩まれている法人様もいると思います。 そ...

続きを見る

【税務調査対策】出張旅費の支給は、細心の証拠残しが必要です

2018-05-11

出張旅費の支給は原則、給与にはならず非課税扱いとなります。また、適切な額で定められた出張旅費規程に基づいて支給される交通費や宿泊費、日当は、実費精算でなくてもかまいません。 &nb...

続きを見る

【税務調査対策】最近話題の新収益認識会計基準は、中小企業の税務にも影響するのかについて

2018-04-03

  企業会計基準委員会は、企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」と企業会計基準適用指針第30号「収益認識に関する会計基準の適用指針」(以下、両方合わせて「収益認...

続きを見る

【民泊と税】民泊と個人事業税の関係について

2018-03-28

現在、民泊を行うには旅館業法の許可,又は条例の認定を受ける必要がありますが、その許可等を受けず“違法に”営業している者もいるとされています。   ...

続きを見る

【民泊と税】民泊と固定資産税の関係について

2018-03-26

民泊について、その宿泊料が所得税の対象になりますが、さらに注意したいのが固定資産税です。現行制度における民泊を行うことで、固定資産税の住宅用地の減額特例が受けられなくなることがあるようで...

続きを見る

【民泊と税】民泊と住宅ローン控除の関係について

2018-03-25

自宅の空き室などに有料で宿泊させる「民泊」が広がってきております。   空き資産を有効利用してお金を稼ぐことができるため、貸手側の個人にもメリットがある仕組みですが...

続きを見る

【節税情報】自動車税、軽自動車税は購入時期を上手く調整して節税可能!

2018-03-23

「自動車税」は、原則として毎年4月1日現在の自動車の所有者にかかる道府県税です。   対象となるのは、乗用車やトラックなどで、軽自動車、二輪の小型自動車及び大型特殊...

続きを見る

【節税情報】自動車取得税は、オプションを登録後につけてもらうと節税可能!

2018-03-23

自動車取得税は、自動車の購入時又は譲り受けた場合にその取得者にかかる道府県税です。 原則として税率は取得価額の3%(軽自動車は2%)となります。   節税のカ...

続きを見る