税務・会計トピックス

【節税情報】自動車取得税は、オプションを登録後につけてもらうと節税可能!

自動車取得税は、自動車の購入時又は譲り受けた場合にその取得者にかかる道府県税です。

原則として税率は取得価額の3%(軽自動車は2%)となります。

 

節税のカギは、自動車取得税が車両本体と購入時につけた各種オプションの合計額に対して課税されることにあります。

 

つまり、カーナビ・オーディオセットやカークーラーなどのオプションを購入する場合は、登録後につけてもらったほうが取得価額を抑えられ節税になるということになります。

 

最近でもファミリーカータイプのものは後でいろいろオプションをつけるものも珍しくなく、金額も数十万円にのぼります。その3%が節税できるのであれば、ディーラーには嫌がられるかもしれませんが、交渉の余地はあるのではないでしょうか。

 

【お約束事項】

本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。

当サイトのコンテンツの正確性の確保に努めてはおりますが、提供している情報に関して、いかなる保証もするものではありません。

当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。 


「地域の経営者に、事業に専念できる、環境を」

肥田木公認会計士・税理士事務所は、都城・宮崎地域の会計業界の中で「問題解決力」No.1の事務所を目指し、経営者様のお悩み解決に日々努めております。

税や会計のお悩みがありましたら、無料相談からお気軽にご相談ください。

問い合わせはこちら|☎0986-25-3543

または、問合せページ|http://www.hidaki-kaikei.com/contact