税務・会計トピックス

【所得税確定申告】ビットコインの利益は「雑所得」と、国税庁

国税庁はこのほど、ビットコインなどの仮想通貨の取引で得た利益の所得区分について「原則として、雑所得に区分する」との取扱いを明らかにした。この取扱いは、国税庁ホームページ内の「タックスアンサー」の中に記載されている。

雑所得は累進課税されるため、大きく収益を上げた人ほどより多く課税されることになる。

譲渡所得には該当せず

“譲渡所得に該当する余地もあるのでは”,とみる向きもあったようだが,原則は雑所得に当たると判断された。

上場株式やFX(外国為替)による利益は申告分離課税の対象となり税率は一律20%となるが、雑所得は給与所得などと合わせて最大45%の累進課税の対象となる。また、上場株式等は損失が出た場合に3年間繰り越すことができるが、雑所得は他の所得と損益計算が一緒にできないので、雑所得のみで損益を考える必要がある。

換金,資産の購入,トレード,採掘,その時点でいずれも課税対象に

タックスアンサーでは,「ビットコインを“使用することで”生じた利益」は課税対象とされている。この“使用”には,売買によりビットコインを日本円等に換金した場合だけでなく,ビットコインで資産を購入(交換),別の仮想通貨とのトレード,ビットコインの採掘,それぞれが該当するという。いずれも値上がり益等に課税される。

具体的には,

・ビットコインを日本円に換金した場合,ビットコインの取得価格から換金時の値上がり益(換金時の日本円レートで換算)が課税対象となる。

・ビットコインで資産を購入した際も,ビットコインの取得価格と購入した資産に係るビットコインの値上がり益が課税対象となる。

・アルトコインなど別の仮想通貨とビットコインをトレードした場合も,その交換によって増加したビットコインの利益分が課税対象となる。

・ビットコインは“採掘”という方法で無料で取得(コンピュータ等を使った一定の作業をする見返りとして交付)することも可能だが,この取得に係る利益にも課税される。

「換金」,「資産の購入」,「別の仮想通貨とのトレード」,「採掘」,それぞれの時点が課税されるタイミングになるといい,すべて事業に係るもの以外は雑所得とされる。

なお,所得金額の計算上必要経費を控除できるが,例えばビットコインの換金等に手数料等がかかるのであれば,その手数料等が必要経費として想定される。

 

【お約束事項】

本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。

当サイトのコンテンツの正確性の確保に努めてはおりますが、提供している情報に関して、いかなる保証もするものではありません。

当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。 


「地域の経営者に、事業に専念できる、環境を」

肥田木公認会計士・税理士事務所は、都城・宮崎地域の会計業界の中で「問題解決力」No.1の事務所を目指し、経営者様のお悩み解決に日々努めております。

税や会計のお悩みがありましたら、無料相談からお気軽にご相談ください。

問い合わせはこちら|☎0986-25-3543

または、問合せページ|http://www.hidaki-kaikei.com/contact