税務・会計トピックス

【実例で予習】税務調査ではどういうことを聞かれるのか?(運送業の場合)

 

なんら不正をしていなくても、税務調査はいやなものです。

 

税務調査においては、まず調査官が書類を見る前に、ヒアリングで色々なことを聞いてきます。下手なことを言って、調査官に疑念を持たせることはなんとしても避けたいものです。また、税務調査を受けた経験が少なければ、普段と同じ態度で臨むこともなかなか難しいです。

 

そこで、税務調査を受けた際に、なるべく落ち着いて対応できるように、「税務調査でどういうことを聞かれたか」の最近の実例を、守秘義務違反にならない程度にぼやかした上で、紹介していこうと思います。

 

 

今回は、『運送業』のケースを紹介致します。

 

 

全般的な話

・従業員の人数は?

             

・会社の商業圏内は?

 

・車の保有台数は?

             

・運搬物として取扱っている商品は?

              

・主な得意先は?

 

・運搬物はどういう風に運んでいるのか?

 

・外注はあるか?(外注先は決まっているか?)

 

・所有車両の中に、特殊な車輌はあるか?

 

・経理関係、伝票関係の処理は誰がしているか?

 

売上関係

・売上を確認できる資料はどういったものがあるか?

    

・売上管理資料の作成者は誰か?

 

・売上管理資料の入力は、何を基に入力しているか?

 

支払関係

・支払関係は、何を基に会計システムに入力しているのか?

        

・旅費交通費の海外視察の行程表は保管しているか?

 

人件費関係      

・役員報酬の変更について、議事録はあるか?

 

・会計上の給与金額と、源泉徴収簿の金額が合わない理由は把握しているか?

 

・住宅取得資金に係る借入金の年末調整について、連帯保証分は按分しているか?

 

・勤労学生の扶養については、毎年確認しているか?

 

・扶養控除申告書の保管が無い者について、源泉所得税を乙蘭ではなく甲覧で源泉している理由は何か?

 

 

ちなみに、当事務所がこの事例の税務調査に立ち会った時は、特にペナルティを受けること無く、税務調査を終了しております。

 

 

最後に

この記事を読んで肥田木会計事務所のことが気になった方は、何かあった時にでも思い出してください。
 

肥田木会計事務所は、宮崎県都城市で経営者を全力サポートさせていただいている会計事務所で、地域で経営者の方々に高い評価をいただいております。

 

初回相談料は無料のスタンスですので、ちょっと相談したいことがありましたら、気軽に相談していただいて大丈夫です。

雑談程度の相談でも全然かまいません(笑)。

 

問い合わせにつきましては、

お電話:0986-25-3543、または、問合せページ:http://www.hidaki-kaikei.com/contact

をご利用ください。

 

【お約束事項】

本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。

当サイトのコンテンツの正確性の確保に努めてはおりますが、提供している情報に関して、いかなる保証もするものではありません。

当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。