税務・会計トピックス

【医療機関向け節税情報】消費期限切れの医薬品等の在庫を処分して節税

 

医業を営む個人又は医療法人において、決算期末に利益を少なくするために、慌てて医薬品や医療材料を大量に購入するケースが見受けられます。

しかし、所得計算で売上原価として経費に算入できるのは、購入した分の金額ではなく「実際に使用した分」となります。

 

そして、売上原価として「実際に使用した分」の金額は、次の算式で計算します。

 売上原価=期首在庫+当期仕入-期末在庫

 

よって、決算直前に大量の医薬品等を仕入れたとしても、その分の医薬品等を使ってしまわなければ「期末在庫」としてカウントされ、売上原価として医業費用に算入される金額から除外されてしまいます。

 

そこで、決算期末に医薬品等の在庫の実地棚卸しをする際には、消費期限切れがないかを確認し、消費期限切れの在庫を処分すれば、期末在庫がその分少なくなります。ただし、税務調査の際に質問や指摘をされても大丈夫ないように、廃棄した証拠を資料又は写真などで保管しておくことは失念しないようにしてください。

 

もちろん、単に節税目的でなく、適切な在庫管理のためにも、実地棚卸の際の消費期限切れの確認は重要ですが、こういった節税視点もあるのでご参考ください。

 

【お約束事項】

本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。

当サイトのコンテンツの正確性の確保に努めてはおりますが、提供している情報に関して、いかなる保証もするものではありません。

当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。 


「地域の経営者に、事業に専念できる、環境を」

肥田木公認会計士・税理士事務所は、都城・宮崎地域の会計業界の中で「問題解決力」No.1の事務所を目指し、経営者様のお悩み解決に日々努めております。

税や会計のお悩みがありましたら、無料相談からお気軽にご相談ください。

問い合わせはこちら|☎0986-25-3543

または、問合せページ|http://www.hidaki-kaikei.com/contact