税務・会計トピックス

【民泊と税】民泊と住宅ローン控除の関係について

自宅の空き室などに有料で宿泊させる「民泊」が広がってきております。

 

空き資産を有効利用してお金を稼ぐことができるため、貸手側の個人にもメリットがある仕組みですが、所得の申告や住宅ローン控除との関係については注意が必要です。

住宅ローン控除の適用を受けている場合には、民泊によって控除を受けられなくなる可能性があります。

 

住宅ローン控除の適用を受けるには、個人がその居住の用に供する一定の家屋を取得し、原則として制度の適用を受ける各年の12月31日まで引き続きその居住の用に供していることが要件になります。すると、例えば、旅行で自宅を空けるため、自宅全体を貸し出す場合などでは、同要件を満たさなくなるケースもある可能性も出てきます。

 

この点、1週間自宅を貸した程度で住宅ローン控除の適用が受けられなくなることはないとのことです。しかし、自宅全体を貸し出す期間がより長期に、また、回数が増えていった場合には、「引き続きその居住の用に供している」といえなくなり、控除が受けられなくなることもあるため注意が必要となります。

 

当サイトの民泊関連記事

【民泊と税】民泊収入は雑所得と国税庁、そして消費税の取扱いについて

【民泊と税】民泊と固定資産税の関係について

【民泊と税】民泊と個人事業税の関係について

【民泊と税】国税庁の民泊所得の簡単なFAQを、さらに簡単に解説

 

【お約束事項】

本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。

当サイトのコンテンツの正確性の確保に努めてはおりますが、提供している情報に関して、いかなる保証もするものではありません。

当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。 


「地域の経営者に、事業に専念できる、環境を」

肥田木公認会計士・税理士事務所は、都城・宮崎地域の会計業界の中で「問題解決力」No.1の事務所を目指し、経営者様のお悩み解決に日々努めております。

税や会計のお悩みがありましたら、無料相談からお気軽にご相談ください。

問い合わせはこちら|☎0986-25-3543

または、問合せページ|http://www.hidaki-kaikei.com/contact