新着情報

【本の紹介】「事例で学ぶ ビットコインの会計・税務Q&A 50選」

事例で学ぶ ビットコインの会計・税務Q&A50選  
   

事例で学ぶ ビットコインの会計・税務Q&A50選

 

税理士 延平昌弥、山田誠一朗、髙橋健悟、藤原琢也、田村光裕、山中朋文 著

発 行

2018年3月27日
判 型 A5判224頁 
ISBN 978-4-433-63508-4
定 価

2,160円(本体2,000円)

(宣伝文より)

今、話題沸騰中の仮想通貨の代表格“ビットコイン"について、会計及び税務上の留意点をQ&A方式でコンパクトにまとめて解説。「法人編」では、取引生産、保有・使用、売買・移転に区分し、「個人編」では、税目別に所得税・消費税、相続税・贈与税に区分してそれぞれ解説しております。

 

<目次>(清文社オンラインのホームページより)

第1章 仮想通貨とビットコインの現状
 第1節 ビットコインは何者か
 第2節 仮想通貨に関する法制度等の現状

第2章 会計・税務Q&A<法人編>
 第1節 取得・生産の事例Q&A
 第2節 保有・使用の事例Q&A
 第3節 売買・移転の事例Q&A

第3章 会計・税務Q&A<個人編>
 第1節 所得税・消費税の事例Q&A
 第2節 相続税・贈与税の事例Q&A

参考資料 所得税確定申告書の記載例


まだ、販売前の書籍ですので、中身は確認できていませんので、紹介だけ。

法人のケースと個人のケースのどちらも記載しているようです。

仮想通貨に関する会計・税務処理をとりあげてくれている実務書はまだ見たことがないので、一つの指針となるくらい充実した内容であることを期待しています。

(A5判の全224ページなので、ボリューム自体はそこまで無さそうですが)

ただ、タイトルの通り仮想通貨全般でなく、ビットコインに絞った記述になっていると、使用範囲が狭まってしまうので、そうでないことを祈っております。

 

当サイトの仮想通貨関連記事

<個人関係>

【所得税確定申告】ビットコインの利益は「雑所得」と、国税庁

【税務調査対策】仮想通貨は国外転出時に課税の対象になるのか⁉

<法人関係>

【税務調査対策】仮想通貨は、法人税確定申告では期末時に評価損益を計上するのか?

【税務調査対策】法人保有の仮想通貨は時価評価するのか、についての続報

【税務調査対策】マイニングのために大量に購入した機器は、少額資産として一括損金処理できるかについて

 


「地域の経営者に、事業に専念できる、環境を」

肥田木公認会計士・税理士事務所は、都城・宮崎地域の会計業界の中で「問題解決力」No.1の事務所を目指し、経営者様のお悩み解決に日々努めております。

税や会計のお悩みがありましたら、無料相談からお気軽にご相談ください。

問い合わせはこちら|☎0986-25-3543

 

または、問合せページ|http://www.hidaki-kaikei.com/contact