新着情報

【ニュース紹介】仮想通貨や民泊、相次ぎ定款に、中堅・新興200社超、商機に積極姿勢。(日経より)

 

仮想通貨や民泊への参入を見越して、定款変更を行う上場企業が相次いでいるというニュース記事の紹介。

仮想通貨や民泊 相次ぎ定款に 中堅・新興200社超 商機に積極姿勢(記事冒頭のみ)

仮想通貨民泊への参入を見越して、定款を変更する上場企業が相次いでいる。1〜3月に定款変更を適時開示した企業は200社を超え新たな事業への参入を目指して「事業活動の目的」を追加する企業が目立った。定款変更は比較的最近に上場した企業や中堅企業に多い。事業拡大を積極的に狙う姿勢が表れているといえそうだ。」

 

仮想通貨関係の事業目的の追加例

・フィスコ、フォーサイド 事業目的の項目に「仮想通貨の投融資・運用」を追加。

・GMOインターネット 事業目的の項目に「仮想通貨その他電磁的価値情報に関する業務」を追加。


仮想通貨事業は金融庁が監視の目を強めていますが、成長分野との見方は根強く、参入を目指す企業が多いとのことです。

 

民泊関係の事業目的の追加例

・フィル・カンパニー 「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業」と「住宅宿泊事業法に基づく住宅宿泊事業、住宅宿泊管理業および住宅宿泊仲介業」を追加。

 

当サイトの仮想通貨関連記事

<個人関係>

【所得税確定申告】ビットコインの利益は「雑所得」と、国税庁

【税務調査対策】仮想通貨は国外転出時に課税の対象になるのか⁉

<法人関係>

【税務調査対策】仮想通貨は、法人税確定申告では期末時に評価損益を計上するのか?

【税務調査対策】法人保有の仮想通貨は時価評価するのか、についての続報

【税務調査対策】マイニングのために大量に購入した機器は、少額資産として一括損金処理できるかについて

 

当サイトの民泊関連記事

【民泊と税】民泊収入は雑所得と国税庁、そして消費税の取扱いについて

【民泊と税】民泊と住宅ローン控除の関係について

【民泊と税】民泊と固定資産税の関係について

【民泊と税】民泊と個人事業税の関係について

【民泊と税】国税庁の民泊所得の簡単なFAQを、さらに簡単に解説